Web予約 045-451-0111
診療科目
小児科 アレルギー科
アクセス
JR東神奈川駅徒歩5分 
京急仲木戸駅徒歩5分

予防接種

予防接種とは

予防接種

人の免疫の仕組みを利用し、感染症の予防に有効だと確認されたワクチンを接種することによって、病気に対する抵抗力(免疫)を高める方法です。これにより、感染症を予防したり、罹患した場合でも重症化しにくくなるといった効果が期待できます。また、予防接種を受けられた方だけでなく、感染症が社会全体に蔓延することを防止する意義も持っています。

当クリニックで予防接種を受けられます

予防接種は、一人ひとりの乳幼児の体調に合わせて行うことが大切です。そのため、かかりつけ医など、お子様の健康状態をよく把握している医療機関に保護者が連れていき、そこで接種を受けることが原則となっています(集団健診で対応している市町村も一部にあります)。

当クリニックでは、お子様が受ける各種予防接種を行っておりますので、ホームページからのインターネット予約でご予約の上、お越しください。(ご来院の際には、予防接種予診票、母子健康手帳、健康保険証、小児医療証、診察券(すでに当クリニックを受診中の方)などをお持ちください)。

※万一の副反応に備え、接種後30分程度は当クリニックの近くに留まっていてください。通常、接種当日もいつも通りの生活をして構いませんが、激しい運動は避けます。接種後、体調の変化が見られた場合は、すぐに担当医までご相談ください。

なお、現在の日本には数多くの予防接種があり、いつ、どのような接種を受けたらよいのか戸惑われる保護者の方も少なくないと思います。予防接種のスケジュール管理は、一般の方には少々難しいものですが、当クリニックでは、お子様一人ひとりの個別ワクチンスケジュールも作成いたします。この計画に基づき、すべての定期予防接種を忘れずに受けることが出来ます。

生ワクチンと不活化ワクチンについて

生ワクチン

  • まず、生きた病原体(細菌やウイルス)の毒性を弱め、症状が出ないように極力抑えます。このようにして作られた製剤を人に接種して感染させ、免疫(抵抗力)をつけるワクチンです。
  • 1回の接種でも十分な免疫を作ることが出来ます。ただ、自然感染より免疫力が弱いので、5~10年後に追加接種した方がよいものもあります。
  • ワクチンの種類によっては、2~3回の接種が必要なものもあります。
  • 副反応としては、もともとの病気のごく軽い症状が出ることがあります(3週間は注意して観察するようにしてください)。
  • また、次に違う種類のワクチンを接種する場合は、4週間以上の間隔を空ける必要があります。

不活化ワクチン

  • 細菌やウイルスにホルマリンや紫外線による処理を加えて病原性(毒性)を失わせ、免疫をつけるのに必要な成分だけを製剤にしたものです。
  • 自然感染や生ワクチンに比べて産生される免疫力が弱いため、1回の接種では将来的な予防効果が得られません。そのため、十分な免疫をつけるには、数回の追加接種が必要になります。(接種回数はワクチンによって異なります)。
  • 副反応としては、注射部位の腫れなどであり、通常は数日で収まります(24時間は注意して観察するようにしてください)。

定期接種

ヒブワクチン(不活化ワクチン)
  • ヒブ感染症(インフルエンザ菌b型による感染症)を予防するためのワクチンです。
  • 標準的な接種期間は、生後2か月~5歳未満。接種回数は1~4回です(接種開始年齢によって異なります)。
小児肺炎球菌ワクチン(不活化ワクチン)
  • 肺炎球菌による感染症を予防するものであり、細菌性髄膜炎や菌血症、敗血症、重い肺炎、細菌性中耳炎などのリスクを軽減できます。
  • 標準的な接種期間は、生後2か月~9歳。接種回数は1~4回です(接種開始年齢によって異なります)。
4種混合ワクチン(不活化ワクチン)
  • ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオを予防するワクチンです。
  • 標準的な接種期間は、生後3か月~7歳6か月未満。接種回数は4回です。
3種混合ワクチン(不活化ワクチン)
  • ジフテリア、百日咳、破傷風を予防するワクチンです。2012年11月1日以降は4種混合ワクチンが原則となりましたが、既に3種混合ワクチンの接種を開始している場合は、従前どおり3種混合ワクチンを続けます。
  • 標準的な接種期間は、生後3か月~7歳6か月未満。接種回数は4回です。
不活化ポリオワクチン(不活化ワクチン)
  • ポリオを予防するワクチンです。2012年11月1日以降は4種混合ワクチンが原則となりましたが、それ以前の方の場合、不活化ポリオワクチンのみを単独で受けることが出来ます(かかりつけ医と相談の上で決めてください)。
  • 標準的な接種期間は、生後3か月~7歳6か月未満。接種回数は4回です。
2種混合ワクチン(不活化ワクチン)
  • ジフテリアと破傷風を予防するワクチンです。
  • 標準的な接種年齢は11歳~13歳未満。接種回数は1回です。
水痘ワクチン(生ワクチン)
  • 水痘(水ぼうそう)を予防するワクチンです。従来は小児を中心に非常に多くの罹患者がいましたが、2014年10月から定期接種となったため、今後は水痘の発症者が減少すると期待されています。
  • 標準的な接種期間は1歳以上で3歳未満であり、接種回数は2回です。
BCGワクチン(生ワクチン)
  • 結核を予防するワクチンです。ヒトに対する毒性が失われて抗原性だけが残った結核菌(BCG)を接種することにより、乳幼児結核を予防することが出来ます。
  • 標準的な接種期間は、生後5か月~1歳未満。接種回数は1回です。
麻疹・風疹混合ワクチン(生ワクチン)
  • 麻疹(はしか)と風疹を予防するワクチンです。
  • 標準的には、まず1歳のときに1回、さらに小学校の入学の前年に1回です。
日本脳炎ワクチン(不活化ワクチン)
  • 日本脳炎を予防するワクチンです。
  • 標準的には、まず3歳~4歳の間に合計2回、その2回目接種から1年後にもう1回。
    さらに、9歳~13歳未満で1回です。
B型肝炎ワクチン(不活化ワクチン)
  • B型肝炎ウイルスによる肝炎や肝硬変、肝がんのリスクを予防するワクチンです。
  • 標準的な接種期間は、生後2か月から。接種回数は3回です。
子宮頸がんワクチン(不活化ワクチン)
  • 子宮頸部に出来るがんを予防するワクチンです。
  • 標準的には、中学1年生となる年度から行います。接種回数は3回です。

任意接種

ロタリックス(生ワクチン)
  • ロタウイルスによる胃腸炎を予防するためのワクチンです。臨床効果はロタテックと概ね同じです(製薬メーカーが異なります)。
  • 標準的な接種期間は、生後6週~24週。接種回数は2回です。
  • 接種前後30分は授乳が出来ませんので、ご注意ください。
ロタテック(生ワクチン)
  • ロタウイルスによる胃腸炎を予防するためのワクチンです。臨床効果はロタリックスと概ね同じです(製薬メーカーが異なります)。
  • 標準的な接種期間は、生後6週~32週。接種回数は3回です。
  • 接種前後30分は授乳が出来ませんので、ご注意ください。
おたふくかぜワクチン(生ワクチン)
  • おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)を予防するワクチンです。
  • 標準的な接種期間は、1歳から。接種回数は、現行では2回とされています。
A型肝炎ワクチン(不活化ワクチン)
  • A型肝炎ウイルスによる肝炎を予防するワクチンです。
  • 標準的な接種期間は、生後1歳から。接種回数は3回です。
インフルエンザワクチン(不活化ワクチン)
  • インフルエンザを予防するワクチンです。
  • 長期間にわたって強い感染防御免疫が誘導されるポリオワクチンなどとは異なり、ウイルス感染やインフルエンザの発症を完全に防ぐことは出来ません。しかし、インフルエンザに罹患した場合に、重篤な合併症を防いだり、症状の悪化を抑える効果が期待できます。
  • 生後6か月~小学6年生までは、2回の接種。中学生以降は1回の接種が推奨されています。
    ≫ インフルエンザ問診票
住所
〒221-0044
神奈川県横浜市神奈川区東神奈川2-42-5
ゴールデン東神奈川ビル201
TEL
045-451-0111
アクセス
JR東神奈川駅徒歩5分
京急仲木戸駅徒歩5分
火曜日の午前診療は9:30-12:00
土曜日の予防接種は13:30-14:30
土曜日の午後診療は14:30-16:00
受付は診療終了の30分前まで
診療時間 日祝
午前診療
9:00-12:00
予防接種
/健診
14:30-15:30
午後診療
15:30-18:30
Page Top